INTRODUCTION

家は戦場だった。キッチンは独房だった。
コロナ禍のインドで配信公開され、多くの視聴者が衝撃を受けた“ホームドラマ”。
これは本当に映画だろうか、これは現実そのものではないか―。娯楽を求めて再生ボタンを押した観客の多くがこう自問自答したという静かな衝撃作品『グレート・インディアン・キッチン』。コロナ禍のため映画館が休館していた2021年1月のインド。多くの新作映画が配信公開に踏み切り、本作も地域言語専門の配信サービスでひっそり公開された。一部のシーンがセンシティブな宗教問題に触れていたため、炎上を恐れた大手配信会社には拒絶されたからだ。だが、配信が始まるとSNS上には作品への共感があふれ、徐々に大きな旋風となっていった。反響を受けて配信大手アマゾン・プライムビデオがインド国内外に向け配信を開始すると、BBCでは「家父長制の暗部を見事に切り取り、日々の暮らしに潜むおぞましさに光を当てた作品」と大きく紹介された。舞台のケーララ州は識字率の高さで知られ、女性の社会進出も進み、後進的な地域ではない。だがジヨー監督は、「彼女の苦悩は全インド人女性のものだ」と、本作のテーマの普遍性を語る。家事労働と権力にまつわるジェンダー間のアンバランスの問題を、本作は歴史ある邸宅の薄暗いキッチンから社会に問いかける。

STORY

妻が家事から解放されるのは、 自身が「穢れ」となる日だけだった。 インド南西部ケーララ州で、高位カーストの男女がお見合いで結婚する。中東育ちでモダンな生活様式に馴染んだ妻は、夫の住む由緒ある邸宅に入り、姑に導かれて家事のあれこれを学んでいくが、ほどなく姑は嫁いだ娘の出産準備のため家を離れる。彼女は一人で家事全般を受け持つことになる。さらに、早朝からの家事労働で消耗していても、夜には夫の求める身勝手なセックスを拒むことができない。そうした重荷から逃れられるのは、皮肉にも生理の期間だけ。しかしそれは、彼女が穢れた存在と見なされる数日間でもあった。

CAST PROFILE

CHARACTER:
ダンサーとしての訓練を受けた女性。父親の仕事の関係で、中東湾岸のバーレーンで長らく過ごし、その後ケーララ州に戻ってきた。生家は富豪ではないものの、余裕のある中産階級で、便利な機械を合理的に駆使する都市型の環境のもとで暮らしてきた。弟と妹が一人ずついる。
PROFILE:ニミシャ・サジャヤン
1997年、マハーラーシュトラ州ムンバイで、ケーララ人の両親のもとに生まれる。幼少期より演技者になることを夢見ていた。カレッジ終了までをムンバイで過ごした後、端役経験を経て、20歳の時に『Thondimuthalum Driksakshiyum(盗難品と目撃者)』(2017年、日本未公開(以下、未)で主演格でデビュー。同作では、本作の夫役のスラージ・ヴェニャーラムードの妻を演じ、またマラヤーラム語映画界随一の演技派スターと見なされているファハド・ファーシルとも共演となった。同作は2017年のマラヤーラム語映画のベスト作品にも数えられるものとなったが、ムンバイ育ちということで、当時の彼女のマラヤーラム語のセリフ回しにはたどたどしいものが残っていたという。以降も、批評家や映画好きを唸らせる、文芸的な作品に出演。東京フィルメックスで上映された『水の影』(2019年)でのミドルティーンの女学生のように、危機に直面した女性像を迫真的に演じることに秀でている。日常生活ではメイクアップもほとんどしないという自然体の人だが、『グレート・インディアン・キッチン』のヒットによって、マラヤーラム語映画界を代表する女優の一人へと成長しつつある。
CHARACTER:
女子学校の教師で社会科を受け持つ。父親はカースト団体の支部長を務めたこともある名士。自身も父譲りの伝統主義者。南インド有数の名刹シャバリマラ寺院への巡礼に毎年のように出かける。しかし、社交の場では、ビーフ(水牛肉)の料理を出されても拒まず食べる一面も。
PROFILE:スラージ・ヴェニャーラムード
1976年、ケーララ州の州都トリヴァンドラム近郊で軍人の家庭に生まれる。職業訓練校で機械工学を学ぶが、ケーララ人が特別に好む物まねの才能を開花させて芸人となる。スタンダップ・コメディーやテレビのショーで活躍するうちに、映画にも顔を出すようになる。持ち味は、ケーララ州南部トラヴァンコール地方のカーンニラムクラムという極小の地域の方言を操って笑わせること。2006年以降出演作が急増し、サリム・クマール(『アブ、アダムの息子』では共演している)と共に、マラヤーラム語映画界を代表するコメディアンとなる。『Action Hero Biju(アクション・ヒーロー・ビジュ)』(2016年、未)の短い出番では、妻に去られて打ちひしがれた男を演じ、コメディー以外の演技の才能も見せつけた。これ以降、お笑いではなく性格俳優としてキャスティングされることが増えたが、それは自らの意志ではなく、各作品の監督の意向であると述べている。非コメディー系の代表作は、『Thondimuthalum Driksakshiyum(盗難品と目撃者)』(2017年、未)『ジャパン・ロボット』(2019年)、『Vikrithi(悪ふざけ)』(2019年、未)など。

STAFF PROFILE

監督・脚本:ジヨー・ベービ
1983年ごろにケーララ州パーラーのキリスト教徒の家庭に生まれる。チャンガナーシェーリにあるセント・ジョーゼフ・コミュニケーション大学では映画・テレビ学科に進むが、最終学年に4人の同級生と製作した短編映画『Secret Minds(秘密の心)』(2007年、未)が同性愛を扱ったものだったために問題とされ、停学処分となった。その後はテレビドラマの脚本執筆などに従事するが、『2 Penkuttikal(2人の女の子)』(2016年、未)で長編劇映画の監督としてデビュー。2015年にヒンドゥー教徒のビーナと恋愛結婚したが、その際に二人は家事を平等に分担する取り決めを行い、さらに妻の妊娠中は彼が台所仕事を全て引き受けた。そこでの経験から生まれたのが長編第4作目の『グレート・インディアン・キッチン』である。本作中では、女性活動家の家の前で騒ぎを起こすならず者の一人としてカメオ出演もしている。その他の作品は『Kunju Daivam(小さな神様)』(2017年、未)、『Kilometers and Kilometers(幾千キロ)』(2020年、未)。次作はインド独立運動を扱う短編アンソロジー『Freedom Fight(独立闘争)』の中の一編となる予定。